個人輸入でエチラーム(デパスジェネリック)を購入する

デパスとエチラーム(デパスジェネリック)の特徴

心療内科等で処方される抗不安薬としてメジャーな薬に「デパス」があります。
このサイトでは、デパスやジェネリック医薬品であるエチラームをメインに、効果や副作用、個人輸入の方法などについてご紹介していきます。

まずはデパスとエチラームの特徴を簡単にチェックしてみましょう。

デパスの特徴

デパスとエチラーム(デパスジェネリック)の特徴

デパスとは、ベンゾジアゼピン系(チエノジアゼピン系)の抗不安薬で、神経症、うつ病、不眠、その他の心身症に効果がある薬です。
中枢神経の流れを抑制するベンゾジアゼピン受容体に作用して、筋肉の緊張や不安をやわらげる効果があるとされています。

日本では田辺三菱製薬が販売しており、すでに30年以上もの長きに渡り利用されています。
そのため、比較的安全性が高いとされていているため、心療内科や精神科をはじめ広く広く使われているのです。

ただし、その効き目の高さの分副作用等の注意事項も多く、中でも依存性についてはもちろん規制はされていないものの議論が交わされてきました。
服用の際には無計画な使用はせず、医師の指示や用法・容量をきちんと守って安全な使用を心がけましょう。

エチラームの特徴

エチラームは、デパスのジェネリック医薬品です。
そのため、価格もデパスの半分以下、場合によって3分の1程度になります。
生産国はジェネリック医薬品大国といわれるインド製ですが、非常に信頼性が高いのも特徴です。
日本国内でも別の名前でいろいろなデパスジェネリックが販売されていることからも人気の高さがうかがえます。

ジェネリックですのでもちろん効果はデパス同様で、ベンゾジアゼピン系(チエノジアゼピン系)の抗不安薬になります。
緊張や不安感をやわらげたり、心やからだをリラックスさせる効果もあります。

それ以外にも、こうしたリラックス効果を利用してデパス同様睡眠薬としても活用できます。
効果の持続時間は短いですが、効き目が出始めるまでにかかる時間も短いので、寝付きの悪さを改善する睡眠導入剤として効果を発揮するでしょう。

デパスやエチラームは個人輸入で入手できる

デパスとエチラーム(デパスジェネリック)の特徴

エチラームは、価格が安いこともあって個人輸入でも人気で、海外から入手するユーザーも多くいるようです。

個人輸入では、購入できる数量に制限があるのですが、処方箋なしでデパスやエチラームを入手することができます。
もちろん病院に通う必要もありませんから、自宅のパソコンからいつでも手続きをすることができます。

ただ、英語等の知識やインターネットに詳しくないとなかなか難しいかもしれません。
そのため、一般的には個人輸入を自分で行うのではなく、個人輸入代行会社を利用するのが主流でしょう。
多少の手数料はかかってしまうのですが、英語での取り引きはもちろん面倒な作業をすべてやってもらえるため、非常に便利で楽に海外の薬を手に入れることができます。

top